ページ内を移動するためのリンクです。

SORBO

正しく歩く

DSISとは

ソルボDSISは、こんな方におすすめします

  • 左右のバランスがくずれて歩き方が悪い人
  • アーチが低下して、扁平足気味の人
  • 足、膝を傷めやすい人
  • 外反母趾や指の曲がり、ウオノメ、タコのある人
  • O脚X脚による靴の片ベリがひどい人
  • 1のアーチ
  • 2のアーチ
  • 3のアーチ
  • 4の予防
第1のアーチ
第2のアーチ
第3のアーチ
第4の予防

3つのアーチを支えて、正しい体重移動を行い、足のトラブルを防ぎます

スムーズな体重移動

  • 足本来の機能を高める。
  • 3つのアーチサポートが足指を使う歩行を促す。
  • 運動性を高め、足のトラブルを軽減する。
  • 正しく、バランスのよい動きを引き出し、安定させる。
  • シューズのフィット感を高める。

DSIS足底圧分布測定機でのテスト

歩行時での足底圧分布テストで、DSISを使用した時(DSIS 3軸アーチパッド+ヒールウェッジ)と、しない時(EVAのカップインソールだけのもの)を見ると以下のような大きな違いがわかります。

DSIS未使用時

  • Ab
    圧力が踵部へ集中してアキレス腱痛等の原因となります。
  • Cd
    圧力が外側にかかり、外側のアーチがつぶれ、足首の捻挫、下腿三頭筋、前脛骨筋痛の原因となります。
  • E
    足趾に力が入っていないので、圧力は前足部の付け根に集中し、外反母趾、ハンマートゥ、タコ等の原因となります。
  • F
    全体的に圧力はかかと部から外側にかかり、足趾にも力が入っていないのでリズミカルに歩くことができず、ストレス性の障害を起こしやすくなっています。

DSIS使用時

  • Ab
    圧力も分散され、この時点ですでにかかと部から中足部へ体重が移動しています。そのため踵への衝撃も減少され、アキレス腱等にも負担がかかりにくくなります。
  • Cd
    圧力が外側へかかることなく中足部に均等に分散され、体重がスムーズに足趾に移動しているので中足部にかかる負担を大幅に軽減します。
  • E
    圧力は母趾方向に移動しており、しっかり足趾で蹴り出しもできています。歩行のバランスも良く、歩行スピードも速くなっているので、理想的な体重移動を可能にします。
  • F
    圧力はほぼ全体へ均等にかかっており、足にかかる負担が大巾に軽減されているので長時間の歩行も、スピーディにかつリズミカルにでき、疲れにくくなります。

キチンと歩けること。これこそDSISの目的

現代人の足は、靴の善し悪しによって大きな影響を受けています。膝・腰の痛みは足に問題のあることもあり、外反母趾はその障害の代表例といえるでしょう。NPO法人オーソティックスソサエティーが考案した「DSIS」は、人の足の動きをこの中敷きで調節し、足裏にある「3つのアーチ」をサポートすること。これにより足指がしっかり使え、歩行がリズミカルになり足が疲れにくくなります。まさに医療の現場からフィードバックされたインソール、それが「ソルボDSISシリーズ」なのです。

内田俊彦

NPO法人
オーソティックスソサエティー理事長
医学博士 内田俊彦

このページの先頭へ